廣瀬みちる


廣瀬みちる廣瀬みちる(ピアニスト、作編曲)

神奈川県出身

 

美しい音色、情景が浮かぶ旋律が魅力のピアニスト。
自身のオリジナル楽曲は人の心の深い部分を魅了する。

 

教会オルガニストの母親の影響で、幼い頃からクラシックピアノを学ぶ。
ジャズピアノを板橋文夫氏、 越智健二氏に師事。

自己のピアノトリオを中心に、アーティストのサポートなど幅広く演奏活動を行う。

最近では美しい音色とセンスが評価を受け、
フジTV「最高の離婚」、NHK「Biz+Sunday」「首都圏ネットワーク」、
映画「女子ーズ」「ビリギャル」等の音楽に参加するなど映像音楽にも活躍の場を広げている。

 

<近年の活動>

2012年:フルート、チェロ、ピアノの女性三人からなるユニット【マナカナミチル】を結成。
オリジナル曲を収録したCD「音の物語」を発売。
フルートのkanaが作曲した「Send for spring」が
アメリカの作曲コンテスト “John Lennon Songwriting Contest ” World部門のファイナリストを受賞。

2013年:ボサノバユニット【東京女子BOSSA】のファーストアルバム「東京BOSSA」が
Amazonのワールドミュージック部門で一位を獲得。
名古屋 BLUE NOTE 、東京 BLUES ALLEY JAPAN でCD発売ライブを行う。

2014年:アメリカで活躍中の作曲家Takeshi Furukawaの主催するレーベルNoise Refinery のレコーディングにピアニストとして参加。
ロサンゼルス名門スタジオのVillage Studioでレコーディングを行う。

 

<主な参加作品>

フジテレビ「最高の離婚」「心がポキっとね」

NHK  「Biz+Sunday」「首都圏ネットワーク」

TBS 「天魔さんがゆく」

映画「ビリギャル」「女子ーズ」

CD    「金色のコルダ」シリーズ

<ブログ/ミチルノピアノ ameblo >

 

 

 
 
previous next
X