石原江里子


Eriko Ishihara
ロンドン在住のヴォーカル、ピアニスト、コンポーザー。

4歳でピアノを始め、国立音楽大学ピアノ科を卒業。
高校時代からジャズを聴き始め、大学在学中に自分なりの演奏もスタート。
作曲への好奇心と、それまで独 学で勉強していたジャズを基礎から学ぶために渡英し、
名門ギルドホール音楽院大学院ジャズ科に留学。
勉強の傍ら、ロンドンで活躍する多くのミュージシャン と出逢う。
同校卒業後、一旦は日本に帰国するも“どうしてもイギリスに戻って、ジャズの勉強を続けたい”
との思いは強く、猛反対する両親を説得して’97 年に再渡英。“私にはジャズしかない!”と、
寝食を忘れて音楽に打ち込む。
それと同時に、プロのミュージシャンとして、ロンドンを拠点に一流ミュージシャンや
シンガーらと共演を重ねてきた。

‘99年、自身のグループを結成し、ロイヤル・フェスティヴァル・ホイヤー、606クラブ、
ピザ・オン・ザ・パーク、ヴォルテックスをはじめとする著名なジャズ・クラブに
レギュラー出演、ラジオや数々の雑誌、イブニング・スタンダードなど新聞にも取りあげられている。

2000年に11曲入りの自主制作CDをリリース。
’02年からは帰国の際に、青山のBody and Soul、六本木アルフィー、
目黒ブルース・アレイなどに自ら売りこみ、ライヴを行って注目を集める。

そしてついに‘04年2月、1st album『A THOUSAND WINDS』で日本国内デビューを果たす。
‘04年8-9月には初めて名古屋、大阪のライヴハウスにも出演。
どちらも入店が出来ないくらいの大盛況!

’04年10月からTBS系TV「ブロードキャスター」のオープニング&エンディング・テーマに
大抜擢され、’05年1月に2nd album『月に願いを』をリリース。

以降、ロンドンでの活動と平行して、帰国の度に精力的にライヴ活動を行っている。

古き良き時代のジャズの香をまとい、胸にぐっとくるハスキーでどこか懐かしいヴォーカル、
洗練と繊細が見事に同居するピアノを武器に、J-Jazzシーンでの期待も高い。

2005年9月、ロンドンにてレコーディングを敢行、
2006年3月15日に3rd album『This Crazy Town』をリリース。

石原 江里子に関するお問い合せはこちら
E-mail:info@genplanning.co.jp

YouTube Preview Image
 

 
 
previous next
X